その他

市区町村の魅力度トップ20の変動グラフ(2006-2020)

0 0 投票数
評価

引用しているデータはすべて、ブランド総合研究所が2006年から公開している”地域ブランド調査”のデータをグラフ化したものです。詳細のデータは公式サイトへどうぞ。


目的:

街の魅力度なんて誰が決めてるんだ?そう調べているうちに、
毎年のデータを個々として見るだけではわからないことを、連続したデータなら発見できる何かがあるのではないか?という疑問が湧いたので、暇つぶしに調べてみました。

グラフから分かったこと


1. Top3の維持は12年連続!

函館市、札幌市、京都市は2007年を除いて常にTop3を維持。
(2007年は横浜市が3位、函館市が4位)

2. 初ランクインと比べて順位が上がったTop3は

三重県 伊勢市     +20⬆️
35位 (2009) >>15位 (2020)

熱海市,静岡県    +10⬆️
21位 (2009) >>11位 (2020)

草津町,群馬県    +10⬆️
39位 (2014) >>29位 (2020)


3. 初ランクインと比べて順位が下がったTop3は

福岡市,福岡県    -22⬇️
14位 (2007) >>36位 (2020)

軽井沢,長野県    -10⬇️
10位 (2006) >>20位 (2020)

長崎市,長崎県    -9⬇️ 同率3位
13位 (2006) >>22位 (2020)

宮古島,沖縄県    -9⬇️ 同率3位
15位 (2008) >>24位 (2020)


グラフ

※可能な限り35位までは数値として表示可能ですが、
2006から2008、またその他いくつかの年度は上位20位までしか公開されていないため、グラフが不完全な形になってしまっております。

引用

市区町村の魅力度等調査結果~魅力度上位50位~(地域ブランド調査2020)
地域ブランド調査

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを見る